ハードディスクが壊れた時はデータ復旧を行いましょう

安全の為

セキュリティ対策の取り組みを各データ復旧会社は行っている

大切な顧客のデータを預かっての復旧作業となるだけに、データ復旧会社にとって情報漏出は致命的な会社のイメージダウンへと繋がります。顧客が安心してデータを預けることができるように、大手から小規模な会社まで、規模を問わずにセキュリティ対策への取り組みを行っています。 セキュリティ対策の内容としては、顧客から預かったデータは不用となった場合には速やかに完全削除を専用ソフトで行ったり、データ保管中も暗号化を行うように取り組んでいる会社が多く見られます。 また顧客から預かるハードディスクやNAS、RAIDなどの機器も外部に持ち出しが出来ないように、ICカード付きの入室者制限がある作業室で作業を行う業者もあるなど、各種セキュリティ対策にデータ復旧会社は取り組んでいます。

データ保存メディアにトラブルが発生した場合の復旧サービスの利用方法

パソコンやサーバー、デジカメのメモリーカードなど、データ保存メディアのトラブルはいつ起こるか分かりません。もしバックアップが無い状態で起きた場合、そのデータを救出してもらうために、データ復旧会社を利用する方法があります。 データが二度と取り戻せなくなるかもしれない、という不安な状況下でも落ち着いてまずは電話やメールでデータ復旧会社に連絡を入れることで、相手方から丁寧な対応をしてもらえます。 最初の連絡ではまずヒアリング診断と呼ばれる、簡易な状況の聞き取りが行われます。ここで対応スタッフが、おおよその障害状況や機器のデータ保存メディアの種類を聞き取ることで、顧客に概算料金や所要時間を伝えてくれます。 その後実際にデータ復旧を依頼するために、会社に持込か宅配便を使って機器を送り作業に取り掛かってもらえます。