ハードディスクが壊れた時はデータ復旧を行いましょう

データを守る

NASやRAIDのデータ復旧にも取り組む業者が増えている

最近のデータ復旧業者の取り組みとして、パソコンのハードディスク以外の記録装置のデータ復旧にも取り組む所が目立っています。中でもNASやRAIDは企業も用いる事が多いデータシステムのため、安定した需要を取り込むために、それらのデータ復旧に取り組む業者が多くなっています。 NASはネットワークに繋いで、直接使用する記録装置であり、RAIDは複数のハードディスクを繋いで、1つのハードディスクとしてシステムに認識させた上で使用する技術です。 どちらも昨今の企業にとって頻繁に用いることが多いものであり、NASとRAIDはそれぞれハードディスクを使用しているため、データ復旧の需要も多くあります。このような事情から、データ復旧会社はNASとRAIDの取り扱いにも積極的に取り組んでいます。

ハードディスクなどのデータを修復させる事業者は専門業者が増えている

パソコンの電源は入るがハードディスクが認識しない、あるいはハードディスクは動いているが、データが読み込めないといった場合に、必要に応じて読み込めなくなったデータを救出して、別のメディアにバックアップをして渡してくれるのがデータ復旧会社です。 これらの会社は以前はパソコン修理業者などが、別の部門サービスとして立ち上げていたケースが多く、現在でもその形での営業もまだ多く見られます。しかし近年はデータ復旧の専門業者が増えている傾向があり、より高い技術力を誇っていたり、データのサルベージのための専用クリーンルームを備えていたりと、設備面でも充実しています。 個人のパソコン修理業者が提供するデータ復旧サービスから、大手の専門業者まで事業者の種類も様々なものが見られます。